週刊GIGマガジン

2016年06月号 vol.10

『マンティー・チダのオリンピック競技を100倍知ってみよう!』 〜第8回 【サッカー】その2(日本サッカーの歴史を動かした“マイアミの軌跡”)〜

2016年06月07日 00:40 by manty_chida

 皆様、こんにちは。もう6月になりました。場所によっては夏日のところもありますね。暑さに対処できるようにしっかり体調を整えましょう。

 前回、サッカーの概要についてお話しました。今回は、日本のサッカーとオリンピックについての関係をお届けします。日本サッカーとオリンピックと聞いて、近年では女子のなでしこジャパンが、2012年ロンドン五輪で銀メダル獲得を思いつく方が多いと思います。オールドファンであれば1968年のメキシコ五輪で男子が銅メダル獲得を思い出すでしょう。しかし、メダル獲得以外でも日本サッカーを大きく動かす出来事がありました。”マイアミの軌跡”と言われた、1996年アトランタ五輪の男子サッカーですね。

 この時の日本代表メンバーは前園キャプテンを中心に、GK川口、DF松田、MF中田、FW城と当時の23歳未満のメンバーとしては豪華メンバーでした。ちなみに23歳以上の選手を登録できるオーバーエージ枠は、当時の西野監督の意向で使用されることはありませんでした。ブラジル代表はスーパースター軍団が揃いました。マリオ・ザガロ監督が指揮官、リバウド、ロベルト・カルロス、ベベット、ゼ・マリア、そしてロナウジーニョ。名前を書いただけでも身震いしてしまうメンバーですので、日本は良くても引き分けではないかというのが大方の予想でした。試合展開も日本が常に守備的なフォーメーションを敷いていたこともあり、ブラジルはシュートの雨を降らせても得点できない時間が続きました。そして運命の後半27分、ブラジルゴール前に、ロングボールを放り込んだ日本は、そのこぼれ球に伊東が反応し、ゴールマウスに押し込みました。日本はこの1点を守り切り、"マイアミの軌跡”はこうして起こったのでした。

 この勝利は、当時の日本のマスコミで大々的に取り上げられました。日本サッカーの歴史を動かした瞬間でした。この時の日本代表メンバーは、その後のワールドカップ、Jリーグで中心的な役割を果たしたのは言うまでもないでしょう。日本代表は、ブラジル戦勝利の後、ナイジェリアに敗れ、ハンガリーに勝利したものの、得失点差で決勝トーナメントには進めませんでした。日本に敗れたブラジルは、ポルトガルを下して3位に。日本と同じグループのナイジェリアが金メダルを獲得しました。他のグループで日本が迎えていたら、もしかしたらもっと上に行けたかもしれませんね。結果論ですが・・・。

 ということで、今回はマイアミの軌跡を中心にお届けしました。競技として発展するときは、必ず奇跡も起こるものということを執筆して実感しました。次週もサッカーにまつわるお話をしていきたいと思います。

 マンティー・チダ

EndFragment /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.5pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;}

関連記事

『マンティー・チダのオリンピック競技を100倍知ってみよう!』〜 第22回 ラグビーワールドカップ日本大会まであと3年〜

2016年10月号 vol.28

『マンティー・チダのオリンピック競技を100倍知ってみよう!』 〜第21回 B.LEAGUE 開幕〜

2016年10月号 vol.27

『マンティー・チダのオリンピック競技を100倍知ってみよう!』〜 第20回 パラリンピックの競技も面白い!「ボッチャ」〜

2016年09月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年05月号 vol.50

今回はかなり発行に時間がかかっていましました。 新たなプロジェクトが着々と...

2017年04月号 vol.49

間もなくGWですね! みなさんのご予定はいかがですか? fmGIGはいつも...

2017年04月号 vol.48

京都の桜は満開を過ぎ、散りつつあります。 今年も綺麗な桜が見られて幸せな気...